果たしてオートローンの年利の数字は何%ぐらいが適切か

オートローンは、ディーラーなどから紹介される事もよくあります。新車は値段も少々高めですし、一括で購入するのが難しい時には、オートローンが検討される事もあるでしょう。
ところでディーラーが紹介してくれるオートローンは、金利が気になってしまう事もあるのです。もちろんオートローンで借りる時には、金融業者に金利を払っていく事になります。しかし、その数字が若干高めに感じられる事もあるのです。
一般的にオートローンは、4%が1つのポイントになります。そもそもオートローンには、最大年利と最高年利があるのです。自動車を購入すると最高年利が適用される事もよくありますが、大抵の金融業者では、その数字が3%台や4%台などに設定されているのです。全体的に、3%台後半のオートローンが目立ちます。この数字は、オートローンを見極める基準の1つになるでしょう。
というのも紹介されるオートローンよって、最大年利が高めになっている事もあります。一部のローン商品では、最大年利が5%台の事もあるのです。上記の数字と比べれば、明らかに高めでしょう。
自動車ローン
つまり上記の4%という数字が、オートローンを選ぶポイントの1つになるのです。4%よりも極端に高い年利のオートローンは、慎重に検討する方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です