お金の怖さ

お金の貸し借りこそお金の最も怖いところだ。人間関係をも狂わせる。親しい友人間、身内、金融機関など、お金の借り方、金額はその時の状況や人それぞれだろうが、友人間や恋人間での貸し借りに目を向けたい。友人間、恋人間での貸し借りこそ信頼関係がものをいう。
100円、200円の缶コーヒー代の話しではない。
「大金」というと、人それぞれの価値観で違うと思うが、貸すとなると一度躊躇してしまうほどのお金。
「お金貸して」の一言をはっきりと伝え、お金のやり取りをし、借りたとき。

もしも返済が遅れたら?返せる見通しが一向に立たなかったら?どうだろうか。
今までに築きあげたはずの信頼、信用は一瞬にして、今までどおりとはいかなくなるだろう。
それだと当たり前だとわかりきっていることかもしれないが、
「◯◯万円貸して」の一言を言った時点で、信用性が問われ始めるのではないだろうか。
その一言を発した時点で今まで通りの“見方”ではなくなる気がする。
三井住友銀行カードローン
だこらこそ、身近で大事な人ほど、安易に「貸して」なんて言ってはいけない。
どうしてもお金を借りないといけない状況になったとき、人に頼るという選択肢は1番最後の最終手段にすべきだと考える。
一度立ち止まって考えること。何1つメリットなんてないはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です